投稿日:

相続や代襲相続については専門家に相談するのが一番

例えば、父の遺産を相続することになった兄弟がいて、そのうち一人が既に亡くなっている場合には、相続権はどうなるのか疑問を感じることもあります。
このような場合は、父の遺産の相続人となるはずだった子供の子(被相続人からすると孫)が相続権を引き継ぐことになって、このような制度を代襲相続と言います。
また、被相続人からすると孫も既に死亡している場合には、被相続人からすると曾孫にあたる人に相続権が引き継がれていきます。
続きを読む 相続や代襲相続については専門家に相談するのが一番

投稿日:

代襲相続が相続税対策につながるともある?

被相続人が残した財産から債務や葬式費用などを控除して、さらに基礎控除額を差し引いて相続税の課税対象となる遺産総額が決定されます。
この基礎控除額は、3000万円+法定相続人の数×600万円という計算式で求められるもので、法定相続人の数で控除される金額が変わってきます。
また、この基礎控除額で相続税がかからなくなったり、課税される遺産総額が減って節税につながったりします。
その為に、相続税対策のひとつとして法定相続人を増やすために、養子縁組をするケースもあるのです。
ただし、相続税法上の法定相続人の数え方については決まりがあって、遺産分割の相続人とは一致しないこともあるので注意が必要です。
続きを読む 代襲相続が相続税対策につながるともある?

投稿日:

代襲相続に関係する注意点とは?

被相続人の遺産は、本来法定相続人に相続されることになりますが、その相続人が相続が発生する以前に亡くなっているというケースもあります。
そのような場合には、その相続権がその相続人の子供へと移行するという制度があってその制度を代襲相続といいます。
また、相続人の子供も既に亡くなっている場合は、相続人からすると孫にあたる人に相続権が移行し、被相続人の子供・孫・曾孫と直系卑属となる下の世代へ相続権が移行されていきます。
続きを読む 代襲相続に関係する注意点とは?

投稿日:

代襲相続の範囲はどこまでなのか?

代襲相続とは本来の相続人が相続の発生前に死亡している場合に、その相続人に代わってその子供などが相続する制度です。
これは民法で規定されていることですが、相続できる人は直系卑属に限定されていて該当しない場合には相続することができません。
その為、いざという時のためにどこまでが代襲相続の範囲か知っておく必要があります。
続きを読む 代襲相続の範囲はどこまでなのか?

投稿日:

代襲相続にはできる人とできない人がいる

代襲相続人とは、被相続人が死亡して相続が発生した際に、本来の相続人がある一定の事由でいない場合に、当該相続人と同一順位で相続分を承継する直系卑属のことを指します。
このように本来の相続人に代わって相続分を継承することを代襲相続といって、一般的には子供・孫・曾孫などが代襲相続人になります。
ただし注意してほしいことは、代襲相続が可能なのは本来の相続人の直系卑属に限られるという点です。
つまり、代襲相続ができる人とできない人がいるということで、その点をしっかりと理解しておく必要があります。
続きを読む 代襲相続にはできる人とできない人がいる

投稿日:

代襲相続とは呼ばないけど祖父祖母が相続人になる例がある

例えば、あなたの祖父が亡くなった時に、本来の法定相続人となるあなたの父親が事故で数年前に亡くなっているということもあります。
このように年齢の順に亡くなるとは限らないことで、不幸にも親より先に子供が死んでしまう例も考えられることです。
この例のように相続が発生した際に、本来相続するはずだった子供が既に死亡している場合には、孫がその相続を代わりに受け取るというのが代襲相続です。
また、その孫も死亡している場合には曾孫へと続くことになるのです。
続きを読む 代襲相続とは呼ばないけど祖父祖母が相続人になる例がある

投稿日:

親などの直系尊属に対しても代襲相続が適用される例もある

代襲相続とは、被相続人の死亡する以前に相続人となる子供が亡くなっている場合に、相続人の子供が受け継ぐ筈だった遺産を代わりに相続することです。
このように第一順位の法定相続人となる子供が相続発生以前に死亡している場合は、代襲相続として子供が引き継ぐことになりますし、子供がいない場合は孫が相続人になります。
また、孫がいない場合は曾孫が、曾孫がいない場合には玄孫と言った感じで、家計図に従って下の方に延々と代襲相続されるのです。 続きを読む 親などの直系尊属に対しても代襲相続が適用される例もある

投稿日:

相続人の子供に代襲相続が発生した場合の例は?

相続人の中には被相続人の死亡する以前に亡くなって、相続をすることができない場合があります。
そのような場合には、相続人の子供(直系卑属)が代わりに相続することになり、この制度を代襲相続といいます。
続きを読む 相続人の子供に代襲相続が発生した場合の例は?

投稿日:

代襲相続による相続税の基礎控除と配分は?

被相続人の死亡により相続開始となりますが、それ以前に相続人となるべき子供の被代襲者が死亡している場合があります。
そのような場合には、相続人となる子供の子(被相続人の孫)がいる時には、その被相続人の孫が代襲相続人となる制度を代襲相続といいます。
さらに代襲相続人となる孫も被相続人の死亡前に亡くなっている場合には、被相続人の曾孫にあたる人が相続人になり、これを再代襲といいます。
このように、相続人になる人が死亡している場合には、順次下の世代に移ることになるのです。
続きを読む 代襲相続による相続税の基礎控除と配分は?