投稿日:

親などの直系尊属に対しても代襲相続が適用される例もある

代襲相続とは、被相続人の死亡する以前に相続人となる子供が亡くなっている場合に、相続人の子供が受け継ぐ筈だった遺産を代わりに相続することです。
このように第一順位の法定相続人となる子供が相続発生以前に死亡している場合は、代襲相続として子供が引き継ぐことになりますし、子供がいない場合は孫が相続人になります。
また、孫がいない場合は曾孫が、曾孫がいない場合には玄孫と言った感じで、家計図に従って下の方に延々と代襲相続されるのです。
しかし、下に誰もいない場合には、次は第二順位となる両親や祖父母に代襲相続が行くことになるのです。
つまり、代襲相続は子供や孫などの直系卑属だけではなく、親や祖父母などの直系尊属に対しても適用されるのです。

近年は高齢化が進んでいることから親より先に子供がなくなることも考えられることですし、晩婚・少子化により孫がいないケースも少なくありません。
こうした状況から先に触れた第二順位の法定相続人となる両親が代襲相続になる例も少なくないのです。

ちなみに第一順位の法定相続人となる子供が代襲相続する例と同様に、両親がいない場合には祖父母が、また祖父母がいない場合はと上に代襲相続されることになります。
ただ第一順位の場合と異なる点は、両親のうちのどちらか一人でも健在の場合には代襲相続は発生しないという点です。
例えば、父親は先に死亡しているけれども母親がまだ健在の場合には、父親が代襲相続により相続する筈だった相続分が父方の祖父母へ行くわけではなく全て母親へ代襲相続されるのです。
第一順位の法定相続人となる子供が代襲相続する場合は、一人一人の相続分がそれぞれの孫へ代襲相続されるのに対して取り扱いが違うのです。
このように代襲相続は子供や孫など下に行くだけではなくて、親や祖父母など上に行く例があることも理解しておくと良いです。

ちなみに、子も親も配偶者もいない場合の相続財産はどうなるのかと言うと、特別縁故者が存在してると申し立てにより相続財産の一部か全部が特別縁故者へ相続されます。
もし特別縁故者もいない場合については、相続財産全てが国庫に帰属されることになります。