投稿日:

代襲相続とは呼ばないけど祖父祖母が相続人になる例がある

例えば、あなたの祖父が亡くなった時に、本来の法定相続人となるあなたの父親が事故で数年前に亡くなっているということもあります。
このように年齢の順に亡くなるとは限らないことで、不幸にも親より先に子供が死んでしまう例も考えられることです。
この例のように相続が発生した際に、本来相続するはずだった子供が既に死亡している場合には、孫がその相続を代わりに受け取るというのが代襲相続です。
また、その孫も死亡している場合には曾孫へと続くことになるのです。

先にも触れましたが年齢の順に亡くなるとは限らないですし、被相続人に子供がいない場合も考えられます。
そのような場合の相続はどうなるのかというと、配偶者に加えて法定相続人になれる優先順位というのが決まっていて、優先順位第1位が非嫡出子や養子を含む子供で、優先順位第2位が親や祖父祖母など直系尊属となっているのです。
そして優先順位第3位が兄弟姉妹と定められていて、優先順位が高い人が相続人になって、それ以外の人は相続の権利が得られないのです。

このような優先順位があるために、被相続人に子供がいない場合には親や祖父祖母が相続人となるのです。
そして、祖父祖母も死亡していれば曾祖父母がと言った感じで、先の例とは反対にどこまでも上の代の人が相続人となっていくことになるのです。
ただ、このような例は基本的には代襲相続とはいわないのです。

その理由は、先の優先順位で子供がいない場合には、直系尊属が次順位の相続人となると規定されていますが、必ず父母が相続するとは規定されていないためです。
つまり祖父祖母は父母に代わって相続人となっているわけではなく、あくまでも優先順位の直系尊属となっていることにより相続人になるので代襲相続とは言わないのです。
このように誰が相続人になるのかによって、代襲相続と呼ぶのかどうかに違いがあることも、相続に関する知識として知っておくと参考として役立ちます。