投稿日:

代襲相続にはできる人とできない人がいる

代襲相続人とは、被相続人が死亡して相続が発生した際に、本来の相続人がある一定の事由でいない場合に、当該相続人と同一順位で相続分を承継する直系卑属のことを指します。
このように本来の相続人に代わって相続分を継承することを代襲相続といって、一般的には子供・孫・曾孫などが代襲相続人になります。
ただし注意してほしいことは、代襲相続が可能なのは本来の相続人の直系卑属に限られるという点です。
つまり、代襲相続ができる人とできない人がいるということで、その点をしっかりと理解しておく必要があります。

では代襲相続ができない人は、どのような人なのかと言うと配偶者です。
一般的に被相続人の配偶者は常に相続人になるため、夫か妻が相続するはずだった財産は、当然配偶者にそのまま相続されると考える方は多いです。
しかし配偶者の親ですから直系卑属にならないため、相続が発生した場合に法律上では相続権はないのです。

次に被相続人に両親も子供もいない場合には、優先順位が三位となる被相続人の兄弟姉妹に相続権があります。
そして、その兄弟姉妹が既に死亡している場合は代襲相続の法則に従って、その子供にあたる姪や甥が代わりに相続するのですが、代襲相続が発生するのはここまでなのです。
つまり、姪や甥の子供については代襲相続が起こらないので、代襲相続ができない人となるのです。

被相続人に養子縁組した子供は実子と同様に考えられるので、その子供は代襲相続できることになります。
ただし、その子供がいつ生まれたのかが問題で、養子縁組前に生まれた養子の子供は代襲相続できない人になり、養子縁組後に生まれた養子の子供は代襲相続できる人になるのです。

それから相続人が相続放棄をした場合の代襲相続がどうなるのかというと、相続放棄は初めから相続権を持たないことになるので代襲相続は発生しません。
つまり、相続放棄をした相続人の子供や孫・曾孫は代襲相続ができない人になるのです。
このように代襲相続ができる人とできない人がいるので、その違いをしっかりと理解しておくことです。