投稿日:

代襲相続の範囲はどこまでなのか?

代襲相続とは本来の相続人が相続の発生前に死亡している場合に、その相続人に代わってその子供などが相続する制度です。
これは民法で規定されていることですが、相続できる人は直系卑属に限定されていて該当しない場合には相続することができません。
その為、いざという時のためにどこまでが代襲相続の範囲か知っておく必要があります。

そこで代襲相続の範囲を理解するためには、本来の相続人の範囲を知る必要があって、その範囲は被相続人との関係で、第3順位まで定められています。
本来の相続人の範囲ですが、まず被相続人の配偶者は常に相続人になりますが、離婚した後に元配偶者の遺産を相続することはできません。
最も優先されるのが第1順位相続人で、被相続人と配偶者の間に生まれた子供で、第2順位相続人は直系尊属となっていて、被相続人の父母や祖父母などです。
第3順位相続人は被相続人の兄弟姉妹で、このように相続人の範囲と優先順位が決まっているのです。

先に触れたように代襲相続は、本来の相続人に代わってその子供が相続できる制度なので、代襲相続の範囲は第1順位相続人である子供の子供で、被相続人からしたら孫にあたる存在です。
ただし、代襲相続できる子供も既に死亡している時には、その子供(被相続人からしたら曾孫)がいれば再代襲相続という制度で相続されます。

第3順位相続人である兄弟姉妹の子供、つまり被相続人の甥や姪にあたる人も代襲相続の範囲に含まれます。
しかし第3順位相続人に再代襲相続は認められていないために、代襲相続の範囲は甥や姪にあたる人までです。
ちなみに、第2順位相続人の父母や祖父母などは、相続人の代わりに相続するわけではないので代襲相続の範囲に含まれません。

被相続人と養子縁組した子供は実子と同様の扱いになるのですが、その子供が代襲相続の範囲に含まれるかは、生まれたタイミングによって異なります。
養子縁組する前に生まれている場合は、直系卑属として認められないので代襲相続ができませんが、養子縁組後に生まれている場合は代襲相続が可能になります。