投稿日:

代襲相続に関係する注意点とは?

被相続人の遺産は、本来法定相続人に相続されることになりますが、その相続人が相続が発生する以前に亡くなっているというケースもあります。
そのような場合には、その相続権がその相続人の子供へと移行するという制度があってその制度を代襲相続といいます。
また、相続人の子供も既に亡くなっている場合は、相続人からすると孫にあたる人に相続権が移行し、被相続人の子供・孫・曾孫と直系卑属となる下の世代へ相続権が移行されていきます。

しかし、この代襲相続が適用されるケースは、単に本来の相続人が既に死亡しているケースだけではなく、何らかの事由により相続人が相続欠格や相続排除となった場合にも適応されるのです。
ちなみに相続人が相続欠格や相続排除になる事由とは、財産を多く得ようと他の相続人を殺害したり、遺言書を改ざんしたりする場合、また被相続人を虐待していた場合などです。

このような規定になっている代襲相続ですが、代襲相続人に自分が該当するのか、どの範囲まで適応されるのかなど気をつけなければならないことが数多くあります。
こうした代襲相続に関係する注意点を知っておくことも必要不可欠です。

注意点のひとつとしては直系卑属ではない場合には代襲相続はどうなるのかということです。
被相続人の兄弟姉妹が相続人となる場合もあって、その相続人が既に死亡した場合には相続人の子供、つまり被相続人の甥や姪が代襲相続することになります。
ただし甥や姪が亡くなっている場合には、その子供に相続権は移行されなくて、その点が直系卑属と異なるので注意点となります。

もうひとつの注意点としては、夫の父親が死亡して相続が発生すると夫は相続人になりますが、すでに夫が他界しているという場合があります。
夫が相続するはずの遺産なので妻が相続できると考える方もいるでしょうが、このようなケースでは妻に相続権は移行されないのです。
それは夫婦間に生まれた子供(被相続人の孫)は直系卑属になりますが、相続人となる夫の妻は直系卑属と法律上は考えないからです。
これら以外にも代襲相続に関係する注意点は様々あるので、そのことも知っておく必要があります。