投稿日:

相続や代襲相続については専門家に相談するのが一番

例えば、父の遺産を相続することになった兄弟がいて、そのうち一人が既に亡くなっている場合には、相続権はどうなるのか疑問を感じることもあります。
このような場合は、父の遺産の相続人となるはずだった子供の子(被相続人からすると孫)が相続権を引き継ぐことになって、このような制度を代襲相続と言います。
また、被相続人からすると孫も既に死亡している場合には、被相続人からすると曾孫にあたる人に相続権が引き継がれていきます。

このような代襲相続については、被相続人の子・孫・曾孫と言った直系卑属、または被相続人の甥・姪と言った傍系卑属が該当者になります。
ちなみに、被相続人の父母・祖父母・曾祖父母と言った直系尊属と配偶者については、代襲相続は認められていませんし、甥や姪の子供も代襲相続することはできません。

では父の遺産を相続する配偶者や子供がいない場合には、相続権はどうなるのか疑問を感じるケースもあるものです。
このような場合には、法定相続人になれる優先順位により父母・祖父母・曾祖父母と言った直系尊属が相続することになります。
また、優先順位3位の兄弟姉妹が相続することもあります。
年齢順に亡くなるとは限りませんし、子供がいない場合も少なくないので、相続が発生した場合に様々な疑問も発生してきます。

また、先の例のように代襲相続というケースもあって、代襲相続・代襲相続人とは何なのか、どのような場合に開始されるのかなど分からないことも少なくないです。
それから代襲相続が発生したことによって、他の相続人や親族とトラブルになることも考えられます。
このような場合に相談ができる方が身近にいれば良いのですが、相続という専門知識を必要とする内容なので、なかなか相談できる方は存在しないことが多いです。
その為、相続や代襲相続については専門家に相談するのが一番の近道で、トラブルが大きくならないうちに法律の専門家の弁護士などに相談することをおすすめします。