投稿日:

相続人が不存在の場合は代襲相続

相続

相続において、相続人が不存在ということもあるでしょう。
事実、相続人の関係がしっかり整っているという場合は、稀だと言えます。
例えば、配偶者が亡くなっていることもありますし、子供がいないこともあるでしょう。
両親や兄弟姉妹においてもまた然りです。

そうなった場合、上手に活用したいのが代襲相続です。
難しい言葉ばかりが並ぶためわかりにくいのですが、代襲相続というのは相続人の代わりに相続するということを意味しています。
この手の言葉は故意に難しくしているのかと思うほど、わかりにくくて煩雑な言葉が多いです。
しかし、簡単に言えば「相続人に変わって相続しますよ」というだけのことです。
あまり難しい言葉が並ぶとパニックになってしまう人もいると思いますが、簡単なことなので難しく考える必要はありません。
ただ、代襲相続の場合は色々と条件も必要となってくるので、十分に注意が必要となります。

実際の相続では、相続人が不存在ということも多々あります。
まず考えられるパターンというのが、被相続人本人が未婚という場合です。
その場合は配偶者や子供、孫などの選択肢はまずなくなるでしょう。
そうなると両親や兄弟姉妹ですが、その場合はも先に亡くなっていて、自分だけということもあるでしょう。
そうなった場合は、他の人に相続させるということが可能です。
主に会社や企業でも使われている方法で、この代襲相続によって会社や企業を引き継ぐということもあります。
その他のパターンとしては、既婚なものの配偶者の方が先に亡くなっていたり、子供が先に亡くなっていたりするパターンです。
これらのパターンは、そもそも相続する人がいたにも関わらず亡くなってしまったパターンとなるため、そこはしっかり考えて対応していくことが必要となります。

ちなみに、相続のパターンというのは一概には言えないものが多々あります。
人によってそこは変わってくるので十分に気を付けておく必要があるでしょう。
相続に関して何か相談がある場合は、まず専門家に相談することが必要です。
また、代襲相続の場合は生前に手続きを進めておいた方が良いです。
後から代襲相続となるとなかなかスムーズにいかないこともあるでしょう。
そこはちゃんと考えて対応していくことが必要となるのではないでしょうか。
生前に進めておけば、特に問題なく話を進めていくこともできるでしょう。

そういう配慮が必要となります。