投稿日:

相続人の子供に代襲相続が発生した場合の例は?

相続人の中には被相続人の死亡する以前に亡くなって、相続をすることができない場合があります。
そのような場合には、相続人の子供(直系卑属)が代わりに相続することになり、この制度を代襲相続といいます。

このように相続人の子供に代襲相続が発生した場合の例ですが、被相続人Aには配偶者Bと子供C・子供Dがいたとします。
しかし、子供Dがすでに亡くなっている場合には、子供Dの子供が代襲相続することになります。
この場合、相続人の組み合わせが配偶者と子供2人なので、その法定相続分は配偶者が1/2で、子供が2人いたことになるので子供CとDにはそれざれ1/4ずつ配分されます。
ただ、子供Dは既に死亡しているので、本来相続するはずの遺産の1/4を代わりに被相続人の孫にあたるEが相続します。

代襲相続により相続人の子供が代襲相続する例としては、このようなケースも考えられることですが、実は代襲相続ができるケースとできないケースがあるのです。
つまり、本来の相続人である人が被相続人が死亡する前に亡くなった場合に、その子供(直系卑属)が必ず代襲相続できるわけではないのです。
では、相続人の子供が代襲相続できるケースはどのような場合かというと、相続人が先に死亡している場合・相続人が相続欠格の場合・相続人が排除されている場合です。

一方代襲相続ができないケースとは相続人が相続放棄をした場合で、初めから相続人にならないので代襲相続は発生しないのです。
それから代襲相続は全ての相続人に認められているわけではなくて、被相続人の子供(直系卑属)・兄弟姉妹のみに代襲相続が認められているのです。
その為、被相続人の両親(直系尊属)には代襲相続は認められていないので、被相続人の父親が健在で母親が亡くなっている場合に、母方の祖父母が相続することはないのです。

代襲相続は法律で規定されていることなので分かりにくい部分も多いので、不明な点や疑問がある時には弁護士などの専門家に相談すると良いです。