投稿日:

異母兄弟は相続人になる?

相続

・異母兄弟がいる場合
自分の父親が亡くなって相続人を確定する段階になったとき、悩みやすいのが異母兄弟といった相手です。
父親の戸籍謄本を調べてみた結果、前妻との間に子供がいると、自分にとって異母兄弟にあたる相手がいることになります。
その異母兄弟とは特に付き合いもなく、父親もあまり親しく付き合っていなかったようなら、その方が相続人に確定するとはあまり思えないでしょう。
しかしその異母兄弟が自分の父親の直系卑属にあたる相手なら、その方たちも相続人になります。

相続人に確定する相手は何人かいますが、もっとも優先順位が高いのは故人の直系卑属です。
直系卑属とは具体的にいうと血のつながりのある子どもや孫、ひ孫など子孫にあたる相手です。
この中でもっとも故人に近い世代の相手が相続人となります。
たとえば子供がいれば子供が相続人として確定し、たとえ孫がいてもそちらは相続人になりません。
子供が先に亡くなって孫とひ孫が生きている場合、孫が相続人となるのです。

このように直系卑属は相続人の候補者となり、しかも他の関係者よりも優先順位が高いため、実際に相続人に確定することが多いです。
そして直系卑属にあたる相手なら付き合いがなかったり、前妻との子供だったりしても問題はありません。
相続人に確定した子供から見て異母兄弟にあたる相手がほかにいた場合、そちらの方にも相続権がありますから、連絡を取って遺産相続に参加してもらう必要があります。

・異母兄弟の調べ方
前妻との子など異母兄弟は存在を知らないこともよくありますよね。
そのような相手がいるかどうかは戸籍謄本を使って調べられます。
戸籍謄本とは家族関係の公的記録のことです。
その方が生まれてから死ぬまでの間に作った家族関係はすべて戸籍として残っていますから、相続時にはこれを使って相続人を調べるのです。

するとあまり知られていなかった故人の古い家族関係などもすべて明らかになります。
もし前妻との子がおり異母兄弟がいるならこの戸籍を見てわかるわけです。
そのような相手が判明したら連絡をとって相続に参加してもらいましょう。

なお、その異母兄弟はすでに故人となる父とも付き合いが切れているなら、無理に相続に参加させなくてもいいようにも思えますよね。
これはNGとなります。
遺言がない限りは相続権を持つ相続人が全員で分割案を協議する必要があり、それをやっていない場合は無効となるためです。
ですから相続人に確定した異母兄弟がいる場合は必ず連絡を取って相続に参加してもらいましょう。

投稿日:

相続人がアメリカ在住でもOK?

相続

相続人がアメリカ在住というパターンは、稀なもののあることはあります。
グローバル化が進んだ昨今、国際結婚をするという方も増えていますし、海外移住するという方も増えています。
そのため、近年多くなってきたのが、法定相続人がアメリカ国籍だったりすることです。
もちろん、アメリカ国籍ではなくても、アメリカ在住ということはあるかもしれません。
家族でアメリカに移住し、そこで被相続人が亡くなった場合は、他の家族がアメリカ在住ということもあります。
そうなった際、相続に関しては日本の法律が適用される場合があります。
状況によって違っていて、家族でアメリカに移住し、永住権も取得している場合は、アメリカの法律が適用される場合もあります。
ただ、被相続人が日本で暮らしていて、その他の相続人がアメリカ在住の場合は、日本の法律が適用される場合もあるのです。
それぞれ違ってくるので、そこはしっかりと考えておきましょう。

まず、ここでは一般的に多いケースについて見ていくことにしましょう。
被相続人が日本国籍で、相続人がアメリカ在住だった場合で考えてみます。
この場合、相続に関しては問題なく受けることができますし、法律は日本のものが適用されるというのが一般的と思っておきましょう。
もちろん、一般的に色々なケースが考えられるので、その限りではありません。
そこはしっかりと考えて対処していくことが必要となります。
ただ、原則として日本と変わらずに相続できるので、そこは心配になる必要もないのではないでしょうか。
やはり国籍が違っていると不安という方もいます。
ただ、そこも決して心配する必要もありませんし、不安になる必要もありません。
万が一相続についてわからないことがあるのなら、専門家に相談してみることをおすすめします。
専門家であれば、的確なアドバイスをしてくれるのはもちろん、サポートも万全です。
上手に使っていけば、国籍が違っていても相続の対処が可能です。
的確に対応してもらいたい場合は、上手に専門家を活用してください。

相続に関しては弁護士の他、行政書士や司法書士も頼りになりますし、税理士も頼りになるのではないでしょうか。
もちろん、わからないことは積極的に相談していくことをおすすめします。
まずは色々と相談してみて、海外在住のケースなどにも対処してもらいましょう。
自分だけで対処できない場合は、専門家の力を活用することが必要となってきますよ。

投稿日:

相続人青色申告はなぜ必要?

相続01

青色申告は、事業所得や不動産所得、山林所得などを得る人が、税務上の特典を受けるためにする申告方法です。青色申告をすることによって、実際に大きな節税効果があります。

青色申告では日々の取引をすべて記録したものを申告書に添付します。青色申告をしたい場合には青色申告を仕様とする年の3月15日までに青色申告承認申請を提出しておかなければなりません。

以前は、日々の出入りをすべて記録することが困難なことだったので、比較的取引規模の小さな零細企業や中小企業が青色申告をしていました。しかし、今は経理ソフトの発展などで、日々の出入りをすべて記録することが困難なことではなくなりました。そのため、近年は、ほとんどの企業が青色申告をしています。

青色申告をしている人が亡くなった場合、青色申告の承認は相続人には継承されません。相続人の青色申告承認申請書を新たに提出しなければなりません。

提出期限は被相続人が亡くなった日によって変わります。
1月1日~8月31日に亡くなった場合、死亡の日から4か月以内に提出しなければなりません。
9月1日~10月31日に亡くなった場合は、亡くなった年の12月31日までが期限です。
11月1日~12月31日に亡くなった場合は翌年の2月15日が期限になります。

また、被相続人が白色申告をしていて、相続人が青色申告をしたい場合にも下記の期限で青色申告承認申請書を提出しなければなりません。

提出期限は被相続人が亡くなった日によって変わります。
1月15日までに亡くなった場合は、その年の3月15日が期限です。
1月16日~12月31日に亡くなった場合、死亡の日から2か月以内が提出期限です。

提出期限が土日祝日の場合には、翌日が期限になります。提出方法は持参か郵送、提出先は管轄の税務署長です。

もし、相続人がすでに青色申告の承認を受けている場合には、相続する事業が全く別の会社、業種であっても、新たに青色申告の承認申請をする必要はありません。

青色申告をやめたい場合には「青色申告のとりやめの届出書」を管轄の税務署に届けます。被相続人が亡くなったことで、事業が廃止になる場合には、取りやめの届け出書の提出は要りません。

青色申告かどうかは事業の節税対策としてとても重要なことです。相続人がもともと事業をしていればよく承知しているはずのことです。しかし、相続人に事業経験がない場合には、意外な盲点になります。しっかりとチェックしましょう。

投稿日:

相続人が不存在の場合は代襲相続

相続

相続において、相続人が不存在ということもあるでしょう。
事実、相続人の関係がしっかり整っているという場合は、稀だと言えます。
例えば、配偶者が亡くなっていることもありますし、子供がいないこともあるでしょう。
両親や兄弟姉妹においてもまた然りです。

そうなった場合、上手に活用したいのが代襲相続です。
難しい言葉ばかりが並ぶためわかりにくいのですが、代襲相続というのは相続人の代わりに相続するということを意味しています。
この手の言葉は故意に難しくしているのかと思うほど、わかりにくくて煩雑な言葉が多いです。
しかし、簡単に言えば「相続人に変わって相続しますよ」というだけのことです。
あまり難しい言葉が並ぶとパニックになってしまう人もいると思いますが、簡単なことなので難しく考える必要はありません。
ただ、代襲相続の場合は色々と条件も必要となってくるので、十分に注意が必要となります。

実際の相続では、相続人が不存在ということも多々あります。
まず考えられるパターンというのが、被相続人本人が未婚という場合です。
その場合は配偶者や子供、孫などの選択肢はまずなくなるでしょう。
そうなると両親や兄弟姉妹ですが、その場合はも先に亡くなっていて、自分だけということもあるでしょう。
そうなった場合は、他の人に相続させるということが可能です。
主に会社や企業でも使われている方法で、この代襲相続によって会社や企業を引き継ぐということもあります。
その他のパターンとしては、既婚なものの配偶者の方が先に亡くなっていたり、子供が先に亡くなっていたりするパターンです。
これらのパターンは、そもそも相続する人がいたにも関わらず亡くなってしまったパターンとなるため、そこはしっかり考えて対応していくことが必要となります。

ちなみに、相続のパターンというのは一概には言えないものが多々あります。
人によってそこは変わってくるので十分に気を付けておく必要があるでしょう。
相続に関して何か相談がある場合は、まず専門家に相談することが必要です。
また、代襲相続の場合は生前に手続きを進めておいた方が良いです。
後から代襲相続となるとなかなかスムーズにいかないこともあるでしょう。
そこはちゃんと考えて対応していくことが必要となるのではないでしょうか。
生前に進めておけば、特に問題なく話を進めていくこともできるでしょう。

そういう配慮が必要となります。

投稿日:

相続や代襲相続については専門家に相談するのが一番

例えば、父の遺産を相続することになった兄弟がいて、そのうち一人が既に亡くなっている場合には、相続権はどうなるのか疑問を感じることもあります。
このような場合は、父の遺産の相続人となるはずだった子供の子(被相続人からすると孫)が相続権を引き継ぐことになって、このような制度を代襲相続と言います。
また、被相続人からすると孫も既に死亡している場合には、被相続人からすると曾孫にあたる人に相続権が引き継がれていきます。
続きを読む 相続や代襲相続については専門家に相談するのが一番

投稿日:

代襲相続が相続税対策につながるともある?

被相続人が残した財産から債務や葬式費用などを控除して、さらに基礎控除額を差し引いて相続税の課税対象となる遺産総額が決定されます。
この基礎控除額は、3000万円+法定相続人の数×600万円という計算式で求められるもので、法定相続人の数で控除される金額が変わってきます。
また、この基礎控除額で相続税がかからなくなったり、課税される遺産総額が減って節税につながったりします。
その為に、相続税対策のひとつとして法定相続人を増やすために、養子縁組をするケースもあるのです。
ただし、相続税法上の法定相続人の数え方については決まりがあって、遺産分割の相続人とは一致しないこともあるので注意が必要です。
続きを読む 代襲相続が相続税対策につながるともある?

投稿日:

代襲相続に関係する注意点とは?

被相続人の遺産は、本来法定相続人に相続されることになりますが、その相続人が相続が発生する以前に亡くなっているというケースもあります。
そのような場合には、その相続権がその相続人の子供へと移行するという制度があってその制度を代襲相続といいます。
また、相続人の子供も既に亡くなっている場合は、相続人からすると孫にあたる人に相続権が移行し、被相続人の子供・孫・曾孫と直系卑属となる下の世代へ相続権が移行されていきます。
続きを読む 代襲相続に関係する注意点とは?

投稿日:

代襲相続の範囲はどこまでなのか?

代襲相続とは本来の相続人が相続の発生前に死亡している場合に、その相続人に代わってその子供などが相続する制度です。
これは民法で規定されていることですが、相続できる人は直系卑属に限定されていて該当しない場合には相続することができません。
その為、いざという時のためにどこまでが代襲相続の範囲か知っておく必要があります。
続きを読む 代襲相続の範囲はどこまでなのか?

投稿日:

代襲相続にはできる人とできない人がいる

代襲相続人とは、被相続人が死亡して相続が発生した際に、本来の相続人がある一定の事由でいない場合に、当該相続人と同一順位で相続分を承継する直系卑属のことを指します。
このように本来の相続人に代わって相続分を継承することを代襲相続といって、一般的には子供・孫・曾孫などが代襲相続人になります。
ただし注意してほしいことは、代襲相続が可能なのは本来の相続人の直系卑属に限られるという点です。
つまり、代襲相続ができる人とできない人がいるということで、その点をしっかりと理解しておく必要があります。
続きを読む 代襲相続にはできる人とできない人がいる

投稿日:

代襲相続とは呼ばないけど祖父祖母が相続人になる例がある

例えば、あなたの祖父が亡くなった時に、本来の法定相続人となるあなたの父親が事故で数年前に亡くなっているということもあります。
このように年齢の順に亡くなるとは限らないことで、不幸にも親より先に子供が死んでしまう例も考えられることです。
この例のように相続が発生した際に、本来相続するはずだった子供が既に死亡している場合には、孫がその相続を代わりに受け取るというのが代襲相続です。
また、その孫も死亡している場合には曾孫へと続くことになるのです。
続きを読む 代襲相続とは呼ばないけど祖父祖母が相続人になる例がある