投稿日:

相続人がアメリカ在住でもOK?

相続

相続人がアメリカ在住というパターンは、稀なもののあることはあります。
グローバル化が進んだ昨今、国際結婚をするという方も増えていますし、海外移住するという方も増えています。
そのため、近年多くなってきたのが、法定相続人がアメリカ国籍だったりすることです。
もちろん、アメリカ国籍ではなくても、アメリカ在住ということはあるかもしれません。
家族でアメリカに移住し、そこで被相続人が亡くなった場合は、他の家族がアメリカ在住ということもあります。
そうなった際、相続に関しては日本の法律が適用される場合があります。
状況によって違っていて、家族でアメリカに移住し、永住権も取得している場合は、アメリカの法律が適用される場合もあります。
ただ、被相続人が日本で暮らしていて、その他の相続人がアメリカ在住の場合は、日本の法律が適用される場合もあるのです。
それぞれ違ってくるので、そこはしっかりと考えておきましょう。

まず、ここでは一般的に多いケースについて見ていくことにしましょう。
被相続人が日本国籍で、相続人がアメリカ在住だった場合で考えてみます。
この場合、相続に関しては問題なく受けることができますし、法律は日本のものが適用されるというのが一般的と思っておきましょう。
もちろん、一般的に色々なケースが考えられるので、その限りではありません。
そこはしっかりと考えて対処していくことが必要となります。
ただ、原則として日本と変わらずに相続できるので、そこは心配になる必要もないのではないでしょうか。
やはり国籍が違っていると不安という方もいます。
ただ、そこも決して心配する必要もありませんし、不安になる必要もありません。
万が一相続についてわからないことがあるのなら、専門家に相談してみることをおすすめします。
専門家であれば、的確なアドバイスをしてくれるのはもちろん、サポートも万全です。
上手に使っていけば、国籍が違っていても相続の対処が可能です。
的確に対応してもらいたい場合は、上手に専門家を活用してください。

相続に関しては弁護士の他、行政書士や司法書士も頼りになりますし、税理士も頼りになるのではないでしょうか。
もちろん、わからないことは積極的に相談していくことをおすすめします。
まずは色々と相談してみて、海外在住のケースなどにも対処してもらいましょう。
自分だけで対処できない場合は、専門家の力を活用することが必要となってきますよ。