投稿日:

異母兄弟は相続人になる?

相続

・異母兄弟がいる場合
自分の父親が亡くなって相続人を確定する段階になったとき、悩みやすいのが異母兄弟といった相手です。
父親の戸籍謄本を調べてみた結果、前妻との間に子供がいると、自分にとって異母兄弟にあたる相手がいることになります。
その異母兄弟とは特に付き合いもなく、父親もあまり親しく付き合っていなかったようなら、その方が相続人に確定するとはあまり思えないでしょう。
しかしその異母兄弟が自分の父親の直系卑属にあたる相手なら、その方たちも相続人になります。

相続人に確定する相手は何人かいますが、もっとも優先順位が高いのは故人の直系卑属です。
直系卑属とは具体的にいうと血のつながりのある子どもや孫、ひ孫など子孫にあたる相手です。
この中でもっとも故人に近い世代の相手が相続人となります。
たとえば子供がいれば子供が相続人として確定し、たとえ孫がいてもそちらは相続人になりません。
子供が先に亡くなって孫とひ孫が生きている場合、孫が相続人となるのです。

このように直系卑属は相続人の候補者となり、しかも他の関係者よりも優先順位が高いため、実際に相続人に確定することが多いです。
そして直系卑属にあたる相手なら付き合いがなかったり、前妻との子供だったりしても問題はありません。
相続人に確定した子供から見て異母兄弟にあたる相手がほかにいた場合、そちらの方にも相続権がありますから、連絡を取って遺産相続に参加してもらう必要があります。

・異母兄弟の調べ方
前妻との子など異母兄弟は存在を知らないこともよくありますよね。
そのような相手がいるかどうかは戸籍謄本を使って調べられます。
戸籍謄本とは家族関係の公的記録のことです。
その方が生まれてから死ぬまでの間に作った家族関係はすべて戸籍として残っていますから、相続時にはこれを使って相続人を調べるのです。

するとあまり知られていなかった故人の古い家族関係などもすべて明らかになります。
もし前妻との子がおり異母兄弟がいるならこの戸籍を見てわかるわけです。
そのような相手が判明したら連絡をとって相続に参加してもらいましょう。

なお、その異母兄弟はすでに故人となる父とも付き合いが切れているなら、無理に相続に参加させなくてもいいようにも思えますよね。
これはNGとなります。
遺言がない限りは相続権を持つ相続人が全員で分割案を協議する必要があり、それをやっていない場合は無効となるためです。
ですから相続人に確定した異母兄弟がいる場合は必ず連絡を取って相続に参加してもらいましょう。