投稿日:

親などの直系尊属に対しても代襲相続が適用される例もある

代襲相続とは、被相続人の死亡する以前に相続人となる子供が亡くなっている場合に、相続人の子供が受け継ぐ筈だった遺産を代わりに相続することです。
このように第一順位の法定相続人となる子供が相続発生以前に死亡している場合は、代襲相続として子供が引き継ぐことになりますし、子供がいない場合は孫が相続人になります。
また、孫がいない場合は曾孫が、曾孫がいない場合には玄孫と言った感じで、家計図に従って下の方に延々と代襲相続されるのです。 続きを読む 親などの直系尊属に対しても代襲相続が適用される例もある

投稿日:

相続人の子供に代襲相続が発生した場合の例は?

相続人の中には被相続人の死亡する以前に亡くなって、相続をすることができない場合があります。
そのような場合には、相続人の子供(直系卑属)が代わりに相続することになり、この制度を代襲相続といいます。
続きを読む 相続人の子供に代襲相続が発生した場合の例は?

投稿日:

代襲相続による相続税の基礎控除と配分は?

被相続人の死亡により相続開始となりますが、それ以前に相続人となるべき子供の被代襲者が死亡している場合があります。
そのような場合には、相続人となる子供の子(被相続人の孫)がいる時には、その被相続人の孫が代襲相続人となる制度を代襲相続といいます。
さらに代襲相続人となる孫も被相続人の死亡前に亡くなっている場合には、被相続人の曾孫にあたる人が相続人になり、これを再代襲といいます。
このように、相続人になる人が死亡している場合には、順次下の世代に移ることになるのです。
続きを読む 代襲相続による相続税の基礎控除と配分は?